恥ずかしいと思う前にちゃんと理解して改善しよう

>

骨盤底筋を鍛えてスリムなお腹も手に入れよう

妊娠出産がキッカケの方が多いようです

では次に女性の場合です。
女性は加齢や出産で実に4割の方が尿漏れで悩まされているそうです。

その大半が腹圧性尿失禁と呼ばれる症状で、よく言われるのが、くしゃみをした瞬間や重い荷物を持つ為にお腹に力を入れた瞬間に漏れてしまうという症状です。
この腹圧性尿失禁の原因というのは加齢や出産を経て骨盤底筋という筋肉が緩んでしまう事が原因と言われています。

骨盤底筋は便意や尿意があれば緩み排泄をし、それ以外は締めている訳ですが、その締める力が低下すると尿失禁の原因となるのです。
女性は出産の時にこの骨盤低筋に負荷をものすごくかけて出産をするので、産後に尿失禁に悩まされる方が多いのです。

また、骨盤底筋も筋肉なので、例え出産経験は無くとも筋力が衰えてくる40代頃から少しずつ尿失禁の症状が出てくる方が増えるのです。

骨盤底筋トレーニング始めよう

加齢による筋力の低下のピークはエストロゲンの分泌が減る閉経後と言われるようですが、骨盤底筋は無意識にお腹に力を入れる事で負担がかかってしまっています。

便秘がちでいきまないと排便出来ない方や、くしゃみや咳を頻繁にする方は骨盤底筋に知らず知らずのうちに負担をかけていることになります。

今はまだ大丈夫なんて思っている20代、30代の方も骨盤底筋を鍛えるトレーニングを始めてみるといいかもしれません。

ネットなどで検索すると骨盤底筋のトレーニングや、ヨガや運動などたくさん出てきます。
色々と調べてみて、ご自身で続けられそうな事を今から始めてみられるのもいいかもしれません。

何より骨盤底筋はインナーマッスルなので、鍛えると下っ腹が引き締まりますよ。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑